2011年04月02日

水に祈りを

水に祈りを
http://ameblo.jp/emotopeaceproject/entry-10847756614.html

水のテーマ
posted by MIROKU at 23:15| 奈良 ☁| Comment(0) | 音日記第三集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

音日記〜まほろば

IMGP5697.JPG IMGP5690.JPG IMGP5685.JPG

『森羅万象音日記第三集〜まほろば』まもなく発売です!

随分遅くなりましたが、明日香で3/9に録音した音日記です。

この日は畑での農作業の合間、明日香へサイクリング。
ミロク石を見学して栢森の飛鳥川で録音。もうすぐ春がやってくる。

音日記
まほろば〜飛鳥川にて 2008/3/9

posted by MIROKU at 16:02| 奈良 | Comment(0) | 音日記第三集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

音日記〜雪が降る

IMGP5673.JPG

節分の日、朝起きたら雪が降っていました。

音日記
雪が降る〜奈良自宅にて2008/2/3
posted by MIROKU at 17:47| 奈良 ☔| Comment(0) | 音日記第三集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

音日記〜万葉

今年初めての音日記です。

明日香の自然農畑にて農作業中に、竹林で鳴く鳥の声と畑に流れる水の音を録音して、以前高尾山で買った竹笛を吹きました。

畑は牽牛子塚(けんごしづか)古墳のすぐ近くにある歴史を感じる場所。

万葉の時代に思いを馳せて。

音日記

万葉〜奈良県明日香村越にて2008/1/14

posted by MIROKU at 03:01| 奈良 ☁| Comment(0) | 音日記第三集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

音日記〜水面のきらめき

DCF_0017.JPG

ひさしぶりの、のんびりとした休日。

橿原神宮の近くに引っ越してからまだ一度も参拝していなかったので、午後からぶらり参拝。

神宮内の、万葉の時代からある歴史的な池、深田池がとても好きな場所なのですが、人が少なかったのといつにも増して鴨や鳥の声が美しかったので、家に録音機材を取りに帰り、すかさず録音しました。静かでのんびりとした午後のひとときと水面のきらめきがなんとも幸せな瞬間でした。家に帰ってからスロバキアの笛『コンチョーヴカ』を録音。

音日記
水面のきらめき〜橿原神宮深田池にて 2007/12/23
posted by MIROKU at 16:55| 奈良 ☁| Comment(2) | 音日記第三集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

音日記〜いのちの森

IMGP5235.JPG

夏に奈良県川上村の水源地の森で録音したせせらぎの音です。

随分時間がかかりましたが、鳥笛やシンギングボウルで音日記にしてみました。

この日の森は晴れ間に小雨が降って、木々や苔が生き生きとしてとても美しかったのを憶えています。

音日記
いのちの森〜奈良県川上村水源地の森にて2007/8/13
posted by MIROKU at 23:22| 奈良 ☀| Comment(0) | 音日記第三集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

音日記〜カエルの宴

IMGP5001.JPG

ぼくの住む家のまわりの田んぼでは毎夜カエルの合唱会が開かれている。

音日記
カエルの宴〜奈良自宅付近田んぼにて2007/6/26




posted by MIROKU at 17:02| 奈良 ☁| Comment(0) | 音日記第三集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

森羅万象コンサート

先日の吉野三茶屋でのシャスタ写真展とのコラボレーションライブの演奏をアップしました。雨の中来て下さった方がたに感謝します。新たな導きもありました。

キャンドルに囲まれ、窓の外から聞こえるカエルと雨の音をバックに演奏しました。

その中から、二曲。吉野山とシャスタ山に縁を頂いたので『吉野』『シャスタ』と名付けてみました。

森羅万象コンサート in吉野三茶屋2007/6/14

吉野


シャスタ

posted by MIROKU at 22:26| 奈良 ☁| Comment(2) | 音日記第三集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

音日記〜カエルの集会

IMGP4833.JPG IMGP4836.JPG

5月の暖かな一日。この日は夕方からの雨模様。
自宅のまわりの田んぼでは楽しそうにカエルが鳴いていた。
傘を差し、深夜に録音。
家に帰ってからベトナム花モン族の真鍮口琴とカンボジアの竹口琴でカエルの集会をイメージして重ね録り。

右の写真:
左側がベトナム花モン族の真鍮口琴『ンチャン』(スピーカー左側)
右側がカンボジアの竹口琴『クメール』(スピーカー右側)
口琴(こうきん)は文字通り口で演奏する楽器。口腔を共鳴源として音を出します。

左の写真:
我が家のガジュマルに鎮座するカエルさんです。

音日記

カエルの集会〜奈良自宅付近にて2007/5/17

posted by MIROKU at 02:35| 奈良 ☔| Comment(0) | 音日記第三集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

音日記〜波のメロディ

IMGP4716.JPGIMGP4775.JPGIMGP4711.JPG

5月3日から5日のゴールデンウィーク、
パートナー一家と京都の久美浜へキャンプに。
孤独な旅が好きな僕だけれど、たまには大勢で賑やかな旅も楽しい。
みんなでバーベキューをしたり、子供と遊んだり。
春の久美浜海岸はとても静かで、やさしい波の音がとても心地よかった。

音日記

波のメロディ〜京都久美浜海岸にて 2007/5/4
posted by MIROKU at 01:11| 奈良 ☁| Comment(1) | 音日記第三集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

音日記〜アマノカワ

IMGP4555.JPG IMGP4561.JPG IMGP4563.JPG
IMGP4570.JPG IMGP4571.JPG IMGP4574.JPG


朝からバナクラ完成のご報告にひとり天河大弁財天社へ。
電車とバスに揺られ約二時間、平日ということもあってか今日の天川は観光客もまばらでひっそりとしていた。
報告を済ませ、みたらい遊歩道を洞川まで歩く。
途中の御手洗渓谷で沢の音を録音し、二時間かけて洞川に到着。
温泉に入って汗を流し、喫茶みろくでコーヒーを飲む。
その後は洞川観光もほどほどにバスで帰路についた。

今回はあらかじめ前日に新しい音階を偶然発見してカリンバは録音済み(音階は天使の音階と命名)だったので、家に帰り天河大弁財天社で買った鈴を録音して音日記完成。

音日記

アマノカワ〜奈良天川御手洗渓谷にて2007/4/13

posted by MIROKU at 22:43| 奈良 ☁| Comment(0) | 音日記第三集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

音日記〜春の訪れ

IMGP4312.JPGIMGP4314.JPGIMGP4316.JPG


ようやく待ち遠しい春がやってきた。
桜も今にも咲きそうなくらいにつぼみが膨らんできている。
今日は奈良県と三重県の県境にある赤目で借りている自然農の畑にじゃがいもを植えに行った。梅や木々花々は美しい花を咲かせとてもいい香りをさせ、ウグイスやいろんな鳥が春の歌を歌ってる。目や耳や鼻で春の生命の喜びを感じた一日だった。


音日記

春の訪れ〜三重県赤目にて2007/3/23

posted by MIROKU at 01:45| 奈良 | Comment(0) | 音日記第三集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

音日記〜霧の中禅寺湖

9月17、18日、パートナーと日光へ。
台風が迫ってきていたけれど、思い切って行くことに。
しかも今回は宿ではなく中禅寺湖でのキャンプである。
不安がつきまとう中、旅は始まった。

浅草から特急きりふり号に乗り日光へ。
天気は晴れ。
日光駅に着き、東照宮を観に行ったが、正直期待はずれ。
建物や土地としては素晴らしいところなのだが、観光地化されてまるで博物館にでも来たかのよう。とにかくいつも神社やお寺で感じるビビッとくるものがまるで感じられなかった。極めつけは本殿での巫女(?)さんのいつもお決まりであろうバスガイド的説明に反感さえ感じてきて話も途中にそこをあとにした。家康が嫌いなわけではないが、徳川家康というのはそこまで素晴らしい人物だったのだろうか。疑問である。

午後5時。場所は変わって中禅寺湖。
菖蒲が浜キャンプ場についたころから雨がぱらつきだした。
湖畔にテントを張り、さっそく薪で野菜炒めとみそ汁をつくって食べる。
まわりは焼き肉なんかをしているが、我が家はもちろん野菜のみである。
そしてこんな時に感じるのは普段の生活の便利さ。本当にありがたい。

夜はすることもないので8時に就寝。
雨は激しくなりテントが心配だったが、夜のうちに台風は反れたらしく朝には小降りになっていた。
ゆっくりと朝食を作り、荷物を片付け華厳の滝がある中禅寺温泉に向かった。
華厳の滝は想像していたよりすごい滝だった。遠くから眺めてもじゅうぶんにその凄さが伝わってくる。間違いなく東照宮よりこっちを世界遺産にすべきである。
そして土産物屋で卓鈴(手にもってチリンと鳴らす鐘)を買い、昼食に湯葉そばを食べ、温泉に入って帰路についた。

帰りの電車の中、ぼくの心はさっそく次の旅に旅立っていた。


IMGP3676.JPGIMGP3706.JPGIMGP3689.JPG
IMGP3714.JPGIMGP3712.JPGIMGP3702.JPG
IMGP3745.JPGIMGP3755.JPGIMGP3757.JPG


音日記

霧の中禅寺湖〜日光中禅寺湖にて 2006/9/18

posted by MIROKU at 18:54| 東京 ☀| Comment(0) | 音日記第三集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

音日記〜夏の終わりに

なんてことのない休日、夏が終わる前に近所の宇佐神社に蝉の声を録りに行った。蝉の声も次第に小さくなり、夜には秋を思わせる虫たちのシンフォニーが奏でられる。そんな風にして季節はゆっくりと移り変わって行く。
そろそろ夏が終わろうとしている。


音日記
夏の終わりに〜世田谷宇佐神社にて2006/9/9

posted by MIROKU at 19:30| 東京 🌁| Comment(0) | 音日記第三集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

音日記〜満月祭

福島獏原人村から帰ってきました。
たいこと精霊の祭り『満月祭』。
山の奥地に集まる1500人もの人たち。
自由で自然で、愛のあるとっても素敵なお祭りだった。
初参加でライブをさせてもらったこと、本当に感謝しています。

途中立ち寄った温泉で、信じられないような出会いもありました。
風呂場で話しかけたおじさんが臨済宗妙心寺派『東松院』というお寺の
ご住職で、翌日お寺にお邪魔することになったり。そしてそこで出会った『空かんのん』像。現代的で、自然と調和した、稀に見るとても美しい仏像だった。冷やしうどんもごちそうになりました。素晴らしい出会いに感謝です。

そして土日は長野美麻村『美麻フェスティバル』
http://www.hemp-revo.net/miasa/miasafes.htm でライブ。
その翌日からは一人北海道へ行ってきます。
アイヌの聖地『二風谷』で毎年行われているアイヌモシリ一万年祭
http://www.wacca.com/lj/fes/ainu.html に参加するのです。インドアな自分が、臆病な自分が、こんなに活動的に生きていることに自分自身驚きます。人間出来ないと思ったら出来ない、出来ると思ったら案外簡単にできるものです。ここ最近考えていましたが、努力というのは『やらなければいけない』ことではなく、『なにがなんでもやりたい』ことなのではないでしょうか。とにかく僕は今、自分に正直に生きています。

そうそう、8月10日発売のBE-PAL9月号に音日記が紹介(小さい記事ですが)されていますので、興味のある方は見てみて下さい。

http://www.bepal.net/

IMGP3252.JPGIMGP3268.JPGIMGP3278.JPG
IMGP3294.JPGIMGP3284.JPGIMGP3303.JPG
IMGP3314.JPGIMGP3316.JPGIMGP3335.JPG


音日記

満月祭〜福島獏原人村にて2006/8/6

posted by MIROKU at 23:54| 東京 ☁| Comment(2) | 音日記第三集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

音日記〜夏の稲妻

7月15日。
この日はとても暑かった。
我が家は昨年からエアコンを禁止したので、今年も扇風機だけで乗り切る覚悟。だれかが言っていた。『夏は冬に感謝し、冬は夏に感謝しなさい』

東京都心はこの夏最高の36.1度を記録。急な気温上昇で大気が不安定になり、突然の雷雨。雷が鳴り始め、雨が降り、風が吹きだした。

しかし数分後、何事も無かったかのように空は晴れ渡る。


音日記

夏の稲妻〜世田谷自宅にて 2006/7/15

posted by MIROKU at 11:08| 東京 ☔| Comment(0) | 音日記第三集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする