2016年11月06日

飛鳥の土笛と息吹之笛

思わず二つの笛を手に入れました。
左の笛は先日の岡本寺さんで譲り受けた、世界中で活躍するサウンドアーティスト鈴木昭男さんの、飛鳥の土で焼かれた古代の笛。吹き口と、下側に小さな穴が開いてるだけの素朴な笛ですが、すごく吹きやすく、いろんな表情の音を出せそうです。
右は笛奏者の中でも神のような存在、雲龍さん作の息吹之笛。まるで銀河を思わせる笛で、息吹之笛(いぶきのふえ)という名のとおり、宇宙から生まれる生命の息吹を思わせる笛です。こちらは三輪山とも繋がっている笛です。

両方とも原始的な笛でシンプルなだけに難しく、自分と馴染むのに時間がかかりそうですが、ゆっくりと付き合って行きたいと思います。

IMG_0273.JPG

IMG_0275.JPG
posted by MIROKU at 12:42| 奈良 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。